5月の妊活レシピ

5月の妊活レシピ

心穏やかに ~ 気持ちアップで妊活アップ

薬膳では、心と身体は一体である。という考えがあります。

体調が整っていても、強いストレスなどで心が偏ると、体調も偏ってしまいます。それと同じように、体調が整っていない人は心も崩れやすいということ。

妊活がうまく行かずに落ち込んでしまう事があっても、また気持ちを元気にして前向きになりたいですね。

それができる人と、うまくいかない人の違いは、もしかしたら食生活にあるかもしれません。

心と身体のバランスを整える食生活をして、毎日を美味しく笑顔で過ごしましょう。

薬膳では、どのような心のストレスには、どの五臓にストレスがかかるのか、

ということを考え、食材をチョイスします。

それを学ぶと奥が深いので、こちらでは誰でも簡単に考えられる方法をお話ししましょう。

気持ちを巡らせてくれる、香りの良い食材を食べましょう。

身近な食材では、柑橘やキウイフルーツなどの爽やかな香りの果物。

ハーブや紫蘇の葉、三つ葉などの香りの良い香味野菜。

レタスやセロリもお勧めです。

心を落ち着かせてくれるハーブティーも、気分リフレッシュに効果的ですね。

まずは、難しく考えずに身近なもので爽やかな香りの物を選んでみてください。

頂いて、気持ちがほっとするようだったら、

それはあなたに合った心穏やかになるお勧め食材です。

★棗(なつめ)

薬膳では、心を穏やかにして気持ちの「気」を補ってくれる食材とされています。

からだを動かした時だけではなく、気持ちが疲れている時にもお勧めの、疲労回復食材です。

ほんのり甘味があるので、お茶だけでなく、様々なお菓子作りやお料理にも使います。

少々柔らかいものが手に入ったら、そのまま召し上がっても美味しいですよ

★お助け楽ちんレシピ  心穏やかに~気持ちアップで妊活アップ

アジのタルタル  2人分

アジ 大2~中3尾 ・ 酢 約大匙1

白ワインビネガー 大匙1 ・ オリーブ油 大匙1/2

ピクルスみじん切り 小匙1 ・ 紫蘇の葉 2枚 ・ 卸生姜 少々 ・ 塩 少々

付け合せ(レタス・セロリ・ラディッシュ・パセリ・三つ葉等)

 

1.アジは三枚おろしにし、骨と皮も除き、5mm~1cm幅に切る。酢で和え、良く冷やす。

2.1のアジの水気をペーパーなどで抑え、酢を捨てる。

3.紫蘇の葉の千切りと材料を和え、味を調える。

4.付け合せ野菜は適宜に切る。共に盛り付ける。

★お助け楽ちんレシピ

キウイフルーツ入りバラティー ワイングラス2個分

バラティー : A(玫瑰花3g ・ 棗5g)

水2C ・ 砂糖大匙1~1 1/2(好み) ・ コアントロー小匙1

ゴールドキウイ1個

 

1.Aをティーパックに入れて、3~5分煮出す。砂糖も加えて溶かす。好みでコアントローを加える。(オリジナルバラティー)

2.バラティーを冷やし、賽の目切りに切ったキウイも加える。

3.ワイングラスに入れる。

*玫瑰花や大棗が手に入らない時は、ローズティーなどで代用しても良い

 

阿部富美 Fumi Abe プロフィール

Green Cooking ABE 主宰。様々なテーマの料理講座や食育授業、薬膳講座、健康セミナー講師、レシピ開発、栄養相談などで活躍。特に、更年期の女性へのセミナーが好評。女性の年齢を問わず、カラダとホルモンの関係性、薬膳活用の普及活動を続けている。

  • かながわ未病改善宣言協力団体登録事業所栄養士
  • 全国料理学校協会教員資格師範1級
  • 国際薬膳食育師特級師範(薬膳マイスター養成校運営)
  • NPO日本食育インストラクター1級
  • NPO日本食育インストラクター協会登録講師

Follow me!