8月の妊活レシピ

夏バテ予防で元気妊活

近年では毎年、夏は猛暑になってしまいます。暑さによる体調不良を訴える人も、昔に比べると大変多くなってしまいました。
でも、同じ環境下でも夏バテになる人、ならない人の差は何でしょうか。それは、日々の食生活が影響しています。

夫婦のどちらかでも夏バテしてしまっては、妊活もお休みせざるを得なくなってしまいます。
食生活を整えて、暑い夏も元気に妊活できるような体調にしていきましょう。

夏バテとは、外気の暑さがからだの中に入ってきて籠ってしまう状態という考え方があります。からだの中の余分な熱を余熱と呼びます。この余熱を外に出してくれる食材が、夏野菜の中には多くあります。これらの食材をたっぷり食べている人と、そうでない人とでは、夏バテしやすい、しにくい、の差が大きく出てくると言われています。
また、余熱を出す食材しか食べていないと、からだの奥が冷えてしまう事に繋がります。それを防ぐには、新陳代謝を高める食材をチョイ足しすることが必要です。夏でも冷えがある人は、このチョイ足しをちょっぴり多めに食べることをお勧めします。

また、暑いというだけで体力も奪われ疲労蓄積してしまいます。体力をつける食材も忘れずに食べたいですね。

ナス

秋ナスは嫁に食わすな。ということわざがあります。茄子は余熱をしっかり取ってくれる夏バテ予防の強い味方。このことわざは、秋になってもたっぷり食べていると冷えに繋がるので食べすぎ注意ですよ。という意味からきていると言われています。
暑い時期は、栄養学的にも薬膳的にもナスはたっぷり食べたい食材の一つです。
他にナス科の仲間で身近な野菜はトマト。トマトは余熱を優しく除いてくれ、紫外線によるトラブル解消も手伝ってくれる、嬉しい野菜の一つ。一年中出回るトマトですが、夏は特にたくさん食べてほしい野菜です。

夏野菜の中で、例外なのがカボチャ。これは優しくからだを温めてくれます。ナスやトマトという余熱をとる野菜と一緒に食べるとバランスが整うので、お勧めです。

キュウリ

ウリの仲間は余熱を程よく取ってくれるものが多いので、たっぷり食べたい野菜です。胡瓜はなかでも身近な野菜。すり卸すとたくさん食べられるので、そのレシピをご紹介しました。
ゴーヤも定番野菜になりました。揚げると苦さが緩和されるので、他の野菜と一緒に食べると、そのほろ苦さが味わいになり美味しくたっぷり食べられます。

★今月ご紹介したレシピの中の新陳代謝を上げるチョイ足し食材は、ショウガとカレー粉。ニンニク、ショウガ、ネギなどの薬味に使われるもの。
カレー粉やコショウのようなスパイス。
これらは、からだを冷やし過ぎないように整えてくれます。
火照りタイプの人は大量に食べ過ぎない方が良いでしょう。冷えタイプの人はやや多めに召し上がってください。自分の体質や体調に合わせて量を考える、それがバランスを整えることです。

★豆腐はイソフラボンが含まれ、妊活には心強い食材。また植物性蛋白質が豊富に含まれるため、体力アップ、疲労回復にも役立ちます。大豆製品はお勧め食材です。

 

夏の滋養!夏野菜の揚げ漬け

2人分 材料

ナス1本 ・ カボチャ100g ・ ゴーヤ 中1/4本

鶏胸肉150g

A(塩一つまみ ・ 白ワイン(又は日本酒)小匙1)

B(薄力粉大匙1 ・ 片栗粉大匙1)

揚げ油(オリーブ油又はサラダ油)

トマト1個

 

C(醤油小匙1 ・ 蜂蜜小匙2 ・ カレー粉小匙1/4

米酢大匙2 ・ 塩小匙1/4)

作り方

1.ナスは乱切り。カボチャは5mm幅の薄切り。ゴーヤは縦半分に切り、中の種とワタを除き、3mm厚さに切る。

2.鶏胸肉は一口大のそぎ切り。Aを揉み込んだ後、Bをまぶす。

3.揚げ油を火にかけ、やや低温のところにカボチャを入れて揚げる。次にゴーヤを揚げる。肉を一切れずつ入れカラッと揚げる。最後に高温の油で茄子を短時間で揚げる。

4.容器にCを合わせておき、3の油をしっかりきったものを漬け込む。トマトの乱切りも一緒に漬ける。

5.味が染みたらいただく。漬けてから2~3日、冷蔵庫保存で美味しく食べられる。。

お助け楽ちんレシピ さっぱり夏バテ予防冷奴

2人分 材料
豆腐300g ・ A(キュウリ1本 ・ ショウガ5g)

B(醤油小匙1 ・ ごま油小匙1/2) ・ オクラ少々

作り方

1.豆腐は一人分ずつに分け、盛り付けておく。

2.キュウリとショウガをすりおろして混ぜ、Bを加えて味を調える。

3.豆腐の上に2をのせ、オクラの小口切りを飾る。

阿部富美 Fumi Abe プロフィール

Green Cooking ABE 主宰。様々なテーマの料理講座や食育授業、薬膳講座、健康セミナー講師、レシピ開発、栄養相談などで活躍。特に、更年期の女性へのセミナーが好評。女性の年齢を問わず、カラダとホルモンの関係性、薬膳活用の普及活動を続けている。

  • かながわ未病改善宣言協力団体登録事業所栄養士
  • 全国料理学校協会教員資格師範1級
  • 国際薬膳食育師特級師範(薬膳マイスター養成校運営)
  • NPO日本食育インストラクター1級
  • NPO日本食育インストラクター協会登録講師

Follow me!