妊娠、不妊治療にまつわる都市伝説 「これってホント?」

中絶は不妊の原因になるのでしょうか?

結論から言って中絶手術が不妊に影響する可能性は低いと思ってよいでしょう。ただ子宮内の胎児や胎盤をかき出す方法で子宮内膜を削りすぎてしまい、子宮内膜が十分に厚くならない着床障害の原因になると考える医師もいらっしゃいます。

不妊治療で癌になりやすくなるって本当ですか?

不妊治療で癌になりやすくなるのが心配?と不安に思う方もいると思いますが
黄体ホルモンを補充するなどで癌になりやすいという報告はないようです。

男性不妊の原因が育毛剤と関係あるって本当?

育毛剤といっても、いろいろタイプがあり妊活中に注意したいのが飲み薬です。
飲み薬は体内の男性ホルモンを抑えることで脱毛を改善する効果がありますが、
精液量や精子の数を減らして、男性ホルモンの働きを抑える作用もあることが
報告されています。つける育毛剤なら気にしなくて大丈夫です。

性病にかかると妊娠しづらいのでしょうか?

過去、性病にかかった方は妊娠しづらい傾向にあります。
特にクラミジア感染症ですね。クラミジア感染症は卵管の癒着や閉塞を起こす
原因になるので、注意が必要です。母子感染症や流産、死産また赤ちゃんの奇形につながる危険性があるので
一度病院で検査しておくことをおすすめします。

体外受精で生まれた子は学力は?

体外受精や顕微授精で生まれた子供の学力を心配する方もいます。
結論から言うと心配いりません。
デンマークのコペンハーゲン大学の研究チームによると体外、顕微授精で生まれた15~16歳の子供たちは自然妊娠で生まれた子供たちと学力面で遜色がないことを明らかにしています。高度生殖医療が知的能力、脳に影響を与えることはないとの見解です。